Avada Agency
Avada Agency

勉強 心理臨床における法・倫理・制度(’21) 第14回 心理臨床研究における倫理

(鍵かっこ内は心理臨床における法・倫理・制度-関係行政論-より引用) 1.研究の重要性 2.研究倫理の最近の動向 不正行為 特定不正行為 1.捏造 2.改ざん 3.盗用 3.守秘義務 4.利益相反(COI) 「具体的には外部との経済的な利益関係等によって、公的研究で必要とされる公正かつ適正な判断が損なわれる、又は損なわれるのではないかと第三者から懸念が表明されかねない事態をいう」 5.研究におけるインフォームドコンセント 「十分な説明を受けたうえで本人が納得して同意するという意味であり、単に同意書にサインをもらえば済むということではない。」 [...]

2022-08-07T13:21:48+09:007月 2nd, 2022|放送大学|

放送大学勉強 神経・生理心理学(’22)第14回 心の病気の生物学的基礎

気分障害や統合失調症の生物学的基礎について、神経伝達の異常という観点から紹介します。また、発達障害など、生物学的基礎が十分に明らかになっていない心の病気についても、現時点で解明されている知見を紹介します。   1.統合失調症 生物学的メカニズムはまだ詳細は明らかにされていない。 主要なものとしてドーパミン神経の機能亢進が想定されている。1950年代初期に最初の統合失調症薬としてクロルプロマジンが偶然発見。 これはフランスの製薬会社から抗ヒスタミン薬として合成された薬剤しかし鎮静効果が乱されたことから統合失調症の患者に適用され一定の効果を得ました 2.うつ病、双極性障害 うつ病は抑うつ気分興味または喜びの喪失などの症状が持続する精神疾患。 3.不安障害 不安が強いため正常な機能が破綻してしまう場合不安障害 扁桃体は不安障害の発症に関与している 4.神経発達症 神経発達症群とは神経系の発達が不具合が背景に想定されている疾患 [...]

2022-08-07T13:22:01+09:007月 1st, 2022|放送大学|

放送大学勉強 情報技術が拓く人間理解(’20)第14回 人工知能の活用と人間理解

人工知能、特に最近発展が目覚ましい機械学習について概観する。 そして、我々の生活における人工知能の活用や人間知能との関係についても見る。 人工知能 機械学習 ニューラルネットワーク 機械学習 過去の例と同じ例にしか対応できない場合は学習ではない コンピューターに限らず人間も見たものだけに対応するということではなく 一般化した概念を獲得するということが学習の基本的な重要なポイント   アーサー・サミュエル チェッカーゲーム 1950年代 人間に勝つようなものプログラムを作っていた 「将来的にコンピューターが経験から自ら学習するようにプログラムできれば、詳細なプログラムをもはやも人間が作る必要性はなくなる」 [...]

2022-08-07T13:22:15+09:006月 29th, 2022|放送大学|

放送大学勉強 NPO・NGOの世界(’21)第13回 南アジアのNGOの状況と課題~インドとバングラデシュを中心に~

南アジアのNGO(CSO)を俯瞰し、続いてインドとバングラデシュの社会状況、そこで活躍する内外かつ多分野のNGOの諸像、法制度や規制など (1)南アジアとは インド パキスタン バングラデシュ スリランカ ネパール ブータン モルディブの7カ国 アフガニスタンを南アジアに含む場合もある 南アジアの市民社会あるいは NGO の歴史や政府や社会による認識は日本や東アジアより先進的 [...]

2022-08-07T13:22:26+09:006月 28th, 2022|放送大学|
Go to Top