植物

ホーム/植物

岡山大学中性子医療研究センター ラベンダーやパクチーに含まれる精油成分に放射線防護効果があることを解明

http://www.okayama-u.ac.jp/tp/release/release_id474.html 岡山大学中性子医療研究センターの小野俊朗教授、花房直志准教授らの研究グループは、古来より生薬や香料として広く用いられてきた精油の主成分であるモノテルペノイドの中に、放射線に対して防護効果を有するものがあることを明らかにしました。 本研究成果は5月4日、ハンガリー国の国際雑誌「Journal

野口のタネ

野口のタネから、 トマトときゅうりと春菊のタネを取り寄せて育てています。 すくすく育っております。

冬のガーデニング

アップルウェアー ファームプランター 26.2L