Pocket

恐怖のアルコール その1 (酢を昼間から飲んでいた酒豪のクラスメートの謎がようやく解けた)
http://blog.livedoor.jp/beziehungswahn/archives/28140763.html

アルコールを飲み過ぎると、
ブドウ糖でなく酢酸を脳の栄養にするようになる、ということらしい。

ある人がリンゴ酢のむとすげー頭働くぞなにこれ?って言ってたので、
飲んでみよう。酢。

お酒は今は飲めなくなったというか、飲まなくなりました。
体調が一時悪くなったのと同時に体重も増えてしまったため、
体を絞ろうと運動をするのですが、
さらに食事を結構きちんと制限していても、
お酒を飲むとすぐに戻る。

女性は肝臓のお酒を消化する酵素が無くなるのが早いとかで、
多分無くなったんだわ、と思い。

飲んだ後数日体調悪いようにも思うし。
太っていると気分も落ち込む。
徐々に飲まなくなっていきました。

他にも体の謎の不調はあって、
物覚えが悪いような気がする、というのもあったのだけど、
年齢とか疲れのせいかと思っていたけどももしかしてお酒飲むのをやめたからだろうか…。
そんな酒豪ほどに飲んだりはしていませんけども。
いやしかし、体の為と甘いものもほぼ口にしないし。

一時夕食時炭水化物を抜いていたのですが、
頭が働かないのはこのせいかもと17時頃におにぎりをたべるようにしたら、
心持なおったような。

でもまだ脳の栄養たりないのかも。

そんなわけで糖質制限ダイエットでへんに炭水化物を抜いたりするのは脳に危ないと思ってます。

Pocket